風杜交通輸送

風杜交通輸送は、1960年に地下鉄、郊外新線整備を目的に誕生した鉄道である。

開業当初は風典鉄道の路線を引き継いだ区間のみだったが、その後路線延伸を繰り返し現在の路線網が出来上がった。

車両はすべて通勤電車であり、最古参は1965年登場の6000形である。

9000形は製造メーカーの違いにより2種類のタイプが存在する。それまで風杜交通輸送の車両を製造していた岐阜車輛が、風杜エリアの工場を閉鎖した関係で、それ以降は別のメーカーが車両製造を担当している。

最新型の3000形は初のアルミ製車両であり、車体塗装を施している。なお、2020年頃に3000形に代わる新型車両が導入される予定。


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2019年01月12日

当ページ公開開始日 2018年08月05日