風杜赤系統

風杜赤系統とは

風杜赤系統(かぜもりあかけいとう)は、NTR富原が定める「風杜都市圏区間」における、運行系統の一つ。富原本線、中篠本線、風杜海浜線などの路線が「赤系統」として区分されている。

車両、案内に用いられるカラーは赤色。

ページ内リンク

風杜赤系統の地図

赤系統の路線で最も重要な路線は、風杜から東へ進んだところにある「袖ヶ浦」(上の地図には載っていない)を経由し、富原地方の北にある舟橋へ向かう「富原本線」です。

富原本線は富原地方で最も早い段階で建設された路線で、現在も重要な大動脈となっています。貨物列車がひっきりなしに走るほか、各駅停車、快速なども多く運行されます。このうち「風杜赤区間」のエリアは、風杜駅から袖ヶ浦駅までの区間。赤系統の終わりとなる袖ヶ浦駅は風杜駅まで在来線で行くととても時間がかかりますが、並行して走っている富原高速線なら通勤できそうな場所です。

袖ヶ浦まで足を延ばす列車は少なく、風杜駅基準なら1時間当たり1~2本程度となっています。これらの列車は一部に通勤電車が用いられますが、その多くは特快車両で運行されます。

 

地図上で斜め右上(北東)方面へ向かうのは中篠本線です。富原地方北にある舟橋へは、中篠本線の方が短い距離で行けます。しかし、中篠本線が走る区間には山岳区間があり、設備も整っていない箇所があります。そのような事情で、一部の貨物列車は袖ヶ浦経由で遠回りをして風杜へ向かうようです。

風杜から距離がある袖ヶ浦までが「赤系統」区間となっている富原本線に対して、中篠本線はそれより近い「墨子」までが赤系統の区間です。墨子も風杜都心部から距離がありますが、在来線でも通勤できる範囲内。この墨子からは険しい山道を走ることになります。駅周辺も開発できそうなスペースが少なく、自然保護の必要もあることから、墨子以北の区間は別の運行系統として開発が進まないようにしています。

通常の運用では墨子までが赤系統用通勤車両の運行エリアですが、臨時列車で墨子以北にも赤系統用通勤車両が乗り入れる場合があります。夏の花火大会に対応した臨時電車のほか、車両不足を補うため、ローカル列車を代走したこともありました。

 

海沿いを走るのは「風杜海浜線」。通称「かいひん線」と呼ばれ親しまれているこの路線は、1960年代後半ごろから貨物専用路線として建設されていました。沿線には工場が多く建ち並んでいますが、区間によっては団地が建ち並んでいます。この団地区間は風杜海浜線に旅客列車が走り始めたきっかけになっており、風杜海浜線の利用者の中には、団地区間から通勤・通学、あるいは団地区間周辺の会社、学校に通う人もいます。

風杜赤系統の車両

赤系統は古い車両と新しい車両が混在する路線です。基本的に10両編成で運行されることが多いですが、一部区間だけを走る6両編成や4両編成も存在します。6両、4両編成の運用には、複数の編成を連結できるような設計の7000系、6000系、5000系が使われます。これらの車両は1970年代~1980年代後半ごろに作られた車両ですが、内装や老朽化した装置の更新を行うことにより、引き続き運行できる状態となっています。NTR富原は車両メンテナンスを丁寧に行っており、通勤車両の車体がさびにくいステンレス製であることも、車両を長い期間使える秘訣です。

特快車両も運行されます。


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2018年12月08日

当ページ公開開始日 2018年10月16日