NTR富原の特快車両

初期の特快車両。2000年代初頭までは旧国鉄から引き継いだ車両も活躍していた。

これらの車両は風杜地区からの引退後、地方のローカル線などに転用されている。

現在の特快車両。最高速度120km/hで運行されており、その多くが転換クロスシートを備えている。都心部での混雑には弱いが、長距離移動時にはその座席数の多さを生かして快適なサービスを提供している。

現在は富原赤系統青系統緑系統などで運行されている。

富原エリアでは1950年代から近郊列車を走らせている。1980年代前半頃までは普通列車として運行されることも多かった近郊列車だが、都心部においては各駅停車(通勤電車)にその役割を譲り、快速列車として運行されることが多くなった。

1990年代以降はは通勤電車の運行区間が年々延伸され、さらに通勤電車を快速電車として運行することも増えた。近郊列車は都心部と離れたところにある都市を結ぶ列車として運行されることが増え、長距離利用客も増えていった。そこで、従来の近郊車両をグレードアップした「特快車両」が開発された。

特快車両は、快速や特快に用いられる車両である。特快は「特別快速」の略であるが、この「特別」は設備面が特別ということを表すものであり、スピードが速いことを表すものではない。初めて導入された特快車両は、1991年に導入された1350系である。これ以前に導入された車両も、設備面をグレードアップした車両に関しては特快車両に分類される。

特快車両の特徴は、一部座席を除き転換クロスシートが採用されていることと、トイレが編成内に1個所以上あることである。また、1350系以降の車両に関しては、最高速度120km/h運転に対応している。1350系は設計上、130km/hでの運転にも対応しているが、設備の維持費とスピードアップ効果を天秤にかけたところ、120km/hでの運転が妥当とされ、1352系以降は130km/hでの運転に対応していない。


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2019年02月17日

当ページ公開開始日 2018年12月08日