永京外環電鉄

地図

永京外環電鉄はどんな路線??

永京外環電鉄は1934年に民谷~井之葉間が開業しました。当初から永京近郊を結ぶ路線網を計画していましたが、資金的な理由でいったん断念します。その後1940年には経営難を理由に親会社だった東海道電鉄(現在の東海道高速電車)に統合されました。

1950年には再び独立。ただし東海道高速電車との資本関係は維持されました。永京外環電鉄では再び永京近郊を結ぶ路線網を計画しますが、資金が足りませんでした。そこで、雪松急行など途中で接続することになる大手鉄道に協力を要請。1956年には雪松急行、北宮電鉄、鹿原鉄道、烏尾鉄道、来戸急行電鉄(当時)、両得電鉄との資本関係が結ばれることとなり、本格的に路線延伸へと動き出すことになりました。

1960年代から1973年にかけて井之葉~錦~椿菜間が全線開通。1975年には両得電鉄浦椿線との相互直通乗り入れが開始され、民谷から津喜県の新浦原までを結ぶ外環運行系統が完成したわけです。

当初は開発が進んでいなかったことから、日中には2両編成の電車も運行されていました。現在は利用客が増加し、6両編成を7両編成へ置き換えるプロジェクトが進行中です。

沿線解説

始発駅の民谷は永急電鉄により開発がすすめられたターミナル駅です。若者に人気があります。その民谷から井之葉までの各駅はかつて駅の間隔が短い区間でした。現在は駅の統合がすすめられたため、かつてほど駅は多くありません。永京の都心部に近いことから、外環電鉄でも特に利用客が多い区間でもあります。

井之葉はきれいな公園と動物園があることで知られるエリア。住んでみたい街に選ばれることが非常に多いです。かつては多くの小説家が住んでおり、現在でも有名な賞を受賞した小説家が住んでいる街として知られています。

長沼は雪松急行線との接続駅。雪松急行線から民谷方面へ向かう乗客などで混雑します。一方で、赤増・錦方面に向かう列車は乗客が減り、乗降の隙に座れることが多いです。

泉上は地下鉄線との乗換駅。地下鉄線がこの駅まで開通したのは2002年と比較的最近のことで、多くの乗客が地下鉄線利用に切り替えました。外環電鉄としては泉上~赤増間の混雑が緩和されましたが、運賃収入が減ったのが痛いところです。

赤増は雪松急行線との接続駅で、長沼駅並みに栄えている駅です。この赤増からは少し乗客が増え、北宮電鉄と接続する河戸、そしてNTR線と接続する錦を通ります。

錦を出ると乗客が若干減りますが、住宅地は続いています。鳩坂駅は2001年に開業した鳩坂高速鉄道との接続駅。2008年頃までは永京外環電鉄と鳩坂高速鉄道の直通計画もありましたが、旅客流動や採算性などを検討した結果計画は廃止されました。

高草は鹿原鉄道との接続駅。接続駅が多いのは外環電鉄の特徴であり、乗換駅が多いので乗客の入れ替わりが激しいのが特徴です。一方、乗換駅で乗り込み別の乗換駅でまた乗り換えるような利用をする人が学生に多く、比較的長い時間乗る人もいます。

高草を出ると畑や森が見える区間もありますが、おおむね住宅が続きます。三潮駅は烏尾鉄道との接続駅。駅が多少狭かったため、2013年から2017年まで駅拡張工事が行われていました。完成した現在は広くてきれいな駅になっています。

三潮を出るとラストスパート。津喜県に入り両得浦椿線も乗り入れる椿菜駅に到着です。椿菜駅は2面4線の駅。この駅で外環電鉄は終わりですが、ほとんどの列車が両得浦椿線に乗り入れるため折り返す電車は少ないです。

活躍する電車

直通路線


※このページの内容はフィクションです

当ページ最終更新日 2018年2月4日

当ページ開設日 2017年8月20日