永浜急行のデータ

空想の電車。永浜急行の車両たち。

・短い編成で高頻度運転を行うことが特徴だった。近年は寺浜方面から永京空港へ向かう列車が増加している。

・1990年代から最高時速120km/hでの運行を行っている。家と線路の間が近いため、両得電鉄よりもスピード感を感じられるようだ。

・高速運転と加速度を両立するため、電動車の比率が高い。また、事故が起きた際の安全確保を目的に、先頭台車は必ず電動台車となっている(2016年まで直通車両にもこのルールが適用されていた)。

・永京都内の区間は高架区間が多い。

 

車両

3000形(1960年登場) 抵抗制御・界磁チョッパ制御(2018年度に引退予定)

3500形(1984年登場) 界磁チョッパ制御

3600形(1993年登場) GTO-VVVF

3700形(1999年登場) GTO・IGBT-VVVF



※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2018年05月25日

当ページ公開開始日 2018年04月28日