奈滝電鉄


沿線レポート

 工事中の奈原を出ると、住宅地の中を進み次の駅である奈原ドーム前に着く。奈原ドームは小規模なドームではあるが、イベントが開催される際は大いににぎわう。また市役所が北にあり市の職員が良く利用するそうだ。

 奈原ドームを出てカーブし、椿、晴海を過ぎたあたりから住宅の数が少なくなってくる。飯塚に着くころには車窓左手の丘が近づいていた。飯塚付近は住宅のほか商店などが建ち並ぶ。高校もあり奈原近郊で最もにぎわっている町と言われている。

 大寺は奈原側の複線区間が終わる場所。始発列車も多く住宅が多い。そんな大寺駅を過ぎると坂を一気に上り小川駅を目指す。大寺~小川間は奈滝電鉄屈指の運転の難所と言われている。昔雨が降った日に列車が空転し、なかなか坂を登れなかったこともあったそうだ。

 車窓は田んぼ、森、そして田んぼ、森と細かく変わっていく。桐谷には大きなバスターミナルがある。大きな通りに面しているため各方面からバスが集まるためだ。とはいえ、駅前に集まってくるバスは中型~小型バスが多い。多々だだっ広いだけという印象を受けた。

 集落の西にある長岡町、東に道路南に田んぼが隣接する田部を過ぎると、竹ノ内に着く。竹ノ内は二つの集落の間に設けられた駅で、どちらの集落へ行くにも少し歩かなければならない。一応本数が少ないバス路線もあるが、たかが数百メートルの距離をバスで行く人は少ないようだ。また竹ノ内駅周辺が住宅開発され、近隣の集落から駅近くに引っ越す人もいる。

 ししだを過ぎしばらくすると坂を登り、右手下に車庫を見ながら西へカーブし、尾身川に到着する。尾身川は両得桃志線と連絡している駅で、2面3線構造だ。開業時から高架構造で駅に隣接して奈滝電百貨店がある。

尾身川から先は複線区間となり、盛土の上を北東にカーブしながら尾身市場に到着する。尾身市場は尾身の旧中心地で道路に面しているためバスターミナルがある。ただ、規模が小さく近くに尾身川駅があることから当バスターミナル発着のバスはない。

少し下り、盛土の上を走ったまま川辺にある渡場に着くと近くに大きな川が見える。渡場から息栖にかけては大きな川を二つも渡らなければならない。そのため道路と一体的に橋を架けることとなり、1922年の完成時から1986年までの間は道路の真ん中を走っていた。ただ、単線だったので輸送力増強のネックとなっており増発のため1986年に隣に新しい橋が完成。渡場~息栖間の複線化が果たされる。同時にラッシュ時運行間隔が10分間隔から最短5分間隔に改められた。

大きな川を二つ渡ったら津喜県から茨原県へ突入。息栖に着く。当駅から木滝駅まではほぼ直線で、沿線は住宅地となっている。1960年代に自動車工場が建設されたあと、1980年代に内陸工業団地が建設され急速に住宅開発が進んだエリアだ。近年は環境保護のため自動車工場の社員はマイカーではなく電車を利用するよう推奨されており、利用客が増えている。そのため一時期減少していた4両編成が近年のダイヤ改正で増加した。

この息栖~木滝間沿線には学校が多い。特に学生の利用が多いのは、病院も近い長栖平泉だ。駅近くに高校があり、朝ラッシュ時は尾身川方面からも木滝神宮方面からも学生が集まる。

長栖平泉の次の駅、長栖は長栖市の中心地だ。市役所や市民球場があり、市民球場で試合などイベントが開催されるときは普段より混雑する。

木滝市へ突入しても、相変わらず住宅地が広がる。木滝市最初の駅となるのは南木滝駅だ。ちなみに木滝駅は存在しない。1990年に完成した木滝スタジアム完成時に「木滝スタジアム前」に改名したからである。南木滝を過ぎると、坂を少し登りその木滝スタジアム前駅に到着する。

木滝スタジアム前駅は、木滝市の中心地にある。また木滝スタジアムが隣接している。木滝スタジアムは街の中心地にあった工場が長栖内陸工業団地に移転したため空き地となり、その跡地に建設された。リーグ優勝を何度か経験しているサッカーチームの本拠地であり、試合がある日は大いににぎわう。なお木滝スタジアム駅は掘割の中にある。

西にカーブしながら坂を登り、掘割から一気に高架区間へと突入する。北へカーブすれば木滝神宮駅だ。木滝神宮の門前町の中にあり、奈滝電鉄の建設理由の一つとなった木滝神宮が東にある。木滝神宮は古くから知られている神社であり、昔から参拝客が多い。1970年までは終点で地上に駅があった。

木滝神宮を出ると、終点の北木滝駅に到着する。北木滝駅は1970年のNNR(当時)木滝線開通に伴い開業した駅。同時に奈滝電鉄も延伸してきた。木滝市の中心地からは離れているが、永京へ乗り換えなしでアクセスできることもあり開発が進み、木滝スタジアム前付近にも負けないほどの賑わいがある。なお、木滝神宮~北木滝間は駅間距離が500数メートルしかなく、奈滝電鉄で最も駅間距離が短い。

 

最後に

 奈滝電鉄は奈原、尾身川、長栖、木滝を結んでいるが、それぞれの都市に様々な施設があることから都心部の一部の路線にみられるような「上り列車に混雑が集中する」現象はあまり見られない。上りにも下りにも乗客がそれなりに乗ることから、乗車効率が良いのが特徴だ。日中でも10分間隔(尾身川~木滝神宮間20分間隔)で運行できているのは、乗車効率と沿線人口の多さのおかげと言えるだろう。


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2018年05月25日