津喜都市モノレールの電車

M10

 1986年から翌年にかけて、第一次開業(堀川~三城間)に備え津喜重工業で製造された車両。車体はアルミ製で、制御方式は抵抗制御(1C8M制御)となっている。

 内装は江北モノレール1300形をベースに、多くの利用が見込まれる津喜都市モノレールでの運行に耐えられるようロングシートを採用した。当初は通路上に広告掲載スペースを設ける予定だったが、開放感がある車内とするため設けられなかった。

 第二次開業(稲木(仮駅)~堀川間))以降も導入がすすめられ、1999年の第六次開業(屋敷~検見浜)時まで導入された。ただし、途中で一部仕様が変更されているため「初期型」と「後期型」に分類することができる。

 「初期型」は1986年~1993年に製造された車両。行き先表示機が幕式で前面のみ設置となっているほか、車両中央部に消火器を収納するスペースがあり、そのスペースは大きなひじ掛けのようになっている。

 「後期型」は1995年以降に製造された車両。行き先表示機がLEDとなり、側面にも設置された。消火器設置スペースは移動され、「大きなひじ掛け」は消滅している。

 なお、1993年に中間車のみが増備され一部が2連から4連となった。1995年の延伸時も増結用中間車が増備される予定だったが、先頭車両と中間車両の車齢が一定以上違ってしまうことを避けるため「後期型」となる1995年導入車は4連貫通編成で導入された。なお、1996年の増発時に増備された先頭車両は、初期型で中間封じ込めになっていた車両から機器類を流用している。

 1996年以降に導入された車両は、車いすスペースを確保している。2005年になると19901995年の間に導入された車両を改造し、2008年までに車いすスペースを確保した。

 1990年以降に導入された車両は塗装を施しており、汚れが付着しにくいようになった。1989年以前に導入された車両は引退時まで塗装を施されることはなく、汚れがある程度目立っていた編成もあったことからラッピング対象編成に選ばれやすかった。

 2001年からは車体ラッピングがスタート。道路の上を走る区間が多く、注目度も高いため次々とラッピング車両が登場し、津喜都市モノレールに彩を与えている。主に沿線の企業広告が多かったが、近年は地元が舞台のドラマやアニメのラッピングを行った経験もあり、今まで以上に注目されるようになった。

 車内放送は1995年の第五次開業(稲木海岸~稲木)時に変更されて以降、1999年の第六次開業時に延伸区間分の音声が追加された以外は変更されていなかったが、201612月頃から優先席に関する放送を更新するため、従来の放送の一部が新規収録音声となっている。ただ、同じアナウンサーが放送を担当しているが、前回の収録から20年程度経過していることもあり新規収録部分が若干目立つ。2005年までは宣伝放送が流れることもあった。

 2010年頃にはドア部にキャラクターがデザインされたステッカーが貼られたが、2016年頃に全編成はがされた。理由については明らかにされていない。

 20172月より一部編成ではがされていたドア窓ステッカーが再び貼られた。デザインはキャラクターを使用した新しいものとなっているが、一部編成では古くからあるステッカーがそのまま貼られている場合もある。

 つり革は登場時丸形だったが、2008年頃から三角形のタイプが登場した。ただ全編成が三角形のつり革に好感されたわけではなく、一部編成では丸形つり革が残ったままだ。

 

M20

 登場から20年以上が経過し、老朽化が進んでいたM10系初期車を置き換えるための車両として2010年に登場した。車体はM10系をベースとしつつ、ガラス面積を増やしており部分的に構造が変わっている。制御方式はIGBT素子を用いたVVVFインバータ(1C4M制御)で、MT比は31(屋敷方中間車のみ付随車)となっている。

 内装はNTRI1600系や両得電鉄10系の車両デザインも手掛けた津喜デザイン事務所が担当。津喜の地元デザイン事務所であることや、担当した車両が津喜市内各所で走っていることが選定理由となった。

 デザインの際に重要なテーマとなったのは「眺望性」で、理由として津喜都市モノレールは通常の鉄道より高いところを走るうえに、住宅地・都心・沿岸・自然が残るエリアなど車窓に変化が多いためだ。

「眺望性」を良くするためには、できるだけガラスの面積を増やし、外の景色を眺めやすくすればよい。そのためM10系の車体を元に、ガラスの面積を増やした新しい車体を開発することとなった。

 また、内装は「乗った時に特別感が感じられる」デザインに変更することとなった。従来のクリーム色を中心とした内装ではなく、白と黒・紺色を用いたメリハリのあるデザインに変更し、都会的で洗練されたデザインとすることが決まる。

車内の装備として特に重要な座席は、座席幅を拡張したハイバックシートを採用することが決まり、人間工学に基づいた新たな座席が開発された。この座席は両得電鉄10系や30系でも使用されることとなり、現在ではほかの鉄道へも普及しだしている。

 内外装ともに長い期間に及ぶ検討の結果、ABCの三つの案が津喜都市モノレールと津喜市に提案された。最終的にはC案が採用されることとなり、塗装はレールに合わせた白から青に変更されデザインが決定した。

 制御装置についてはNTRI1602系や両得電鉄10系などで使用されている汎用タイプの装置を採用することとなり、コスト削減とメンテナンスフリーの推進のためMT比はM10系の40から31に変更される。

 2009年初めにデザインが完全に決定し、2009年より製造開始、2010年に車両基地に搬入された後黒色のフィルムをラッピングした状態で試運転を行い、同年7月にデビューした。

 デビュー後は「津喜都市モノレールのニューフェイス」として注目を集めることとなり、2011年放送のドラマにも登場。都会的な車体デザインが人気となり、ドラマの人気とも相まって津喜市の人気を高めた。またアニメにも登場し、幅広い世代に津喜都市モノレールが認知されることとなる。

 そんなM20系だが、2016年までは車体ラッピングを原則行わない方針だった。しかし、M20系の車両数が増加したことや、減価償却費などの費用が以前より増え、広告収益を確保しなければならないなどの事情から「部分的なラッピング」を2017年より行うこととなった。ただし、M10系よりも広告デザイン審査は厳しくなっており、「ラッピングしてもさほど違和感がないデザインであること」が第一条件となっている。

 2014年までにほぼ仕様変更されずに導入されたM20系だが、2012年以降に導入された車両は前照灯周辺に黒いフィルムが貼られた。また、2015年に導入された車両は軽量化のためハイブリッドSiC-VVVFインバータを採用。津喜都市モノレール広報担当は「今後導入する車両に搭載することを想定している」としている。

 津喜都市モノレールのイメージを向上させ、登場からすでに7年経過したM20系。だが、特注の部品を多く採用したため車両価格がM10系より高くなっていた。2018年度までの間、設備更新のため多額の費用が必要となることもあり、津喜都市モノレールでは「M20系を今後増やすめどはたっていない」という見解を発表している。

「今後導入される車両はM20系とは違う車両かもしれない」津喜都市モノレールの社長は、2017年のインタビューでこう語った。

※このページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2017年9月17日

当ページ開設日 2017年8月5日