鹿原鉄道本線

概要

鹿原鉄道本線(ほんせん)は、永京都の業平と岩船県の鹿原口を結ぶ鉄道です。鹿原は仁戸幕府を開いた人物が祭られている場所があり、そこへ向かう参拝客を運ぶために建設されました。

沿線の代表的な駅は、アニメの舞台として知られている北葛、車庫があり逸見線が分岐する塚田、岩舟県庁に近い本岩舟などがあります。そのほか、野丸、富岡なども代表的な駅の一つです。

沿線解説

起点は業平駅。永京北部~東部方面から私鉄各線が乗り入れるターミナル駅です。その業平駅ですが、鹿原鉄道線のホームは他の路線より狭く、ラッシュ時は列車の折り返しがスピーディーに行われます。

特徴的なのは、特急と急行の縦列駐車。特急は車内整備などのため折り返す時間が長いですが、その合間に急行を手前に停車させます。そして、急行が折り返した後に素早く特急を発車させるのです。

 

業平から高砂までは複線区間。開発が進んだ業平エリアに比べ、高砂までの各駅はいまだに下町の雰囲気を残しているエリアです。とはいえ、都心に近いことから再開発が進行中。鹿原鉄道の線路も地上から高架線に切り替わる予定で、昔ながらの雰囲気はもうすぐ消えてしまいそうです。

 

高砂からは複々線区間。鹿原鉄道には業平を起点とする本線だけでなく、上谷へ向かう支線もあります。上谷へ向かう列車はそのほとんどが地下鉄神谷線へ乗り入れ、その先の永急電鉄の駅まで足を伸ばします。

複々線区間は釣上まで続きます。複々線区間は線路容量に余裕があるため、ラッシュ時も日中も全線を通して最も本数が多い区間となっています。

複々線区間が終わる釣上は、NTR宮野木線と乗り換えができる駅。宮野木線にも永京都心部へ向かう列車がありますが、津喜県内を経由して向かうため遠回り。そのため、多くの乗客がここで宮野木線から乗り換えて都心へと向かいます。


釣上から先の区間は複線区間。終点の鹿原口まで続きます。鹿原口あたりは本数が多いわけではないのですが、自動車が普及する前は臨時電車が多数運行されていました。その臨時電車を捌くために複線化されたのです。

 

両得電鉄との接続駅である北葛を過ぎ、しばらくすると塚田に着きます。塚田には車両基地がありますが、規模が大きく、車両を分解して検査することが可能となっています。かつてはここで車両を製造したこともあったようです。

塚田に車庫が設けられたのは、都心部から離れていて用地買収が安易だったこともありますが、大成・逸見方面からの路線が合流するという立地もその理由の一つです。

 

塚田から先はのどかな区間になっていきます。電車は都心直通がメインなので10両編成ばかりですが、日中に乗ってみると明らかに10両編成では過剰という感じがします。ひょっとしたら、車両によっては人が乗っていないのではないかと思ってしまうほどです。

田畑が広がる車窓も、時より変化を見せます。NTRと接続している駒繁、岩舟県の県庁が近い本岩舟駅周辺は、マンションがいくつか建っていて「街」らしい感じの光景になります。この二駅周辺は人口が多いですが、ライバル路線であるNTRも通っているため、永京都心アクセスではNTRに対抗しなければなりません。

NTR今北は1993年の両武快速120km/h以降、列車のスピードアップを各線で実施。東北方面へ向かう路線も2007年にスピードアップされました。このスピードアップに対抗するため、鹿原鉄道も2008年に一部列車の最高速度を115km/hに引き上げています。

 


NTRは線形が良く、貨物列車なども通ることから線路のメンテナンスが良好です。一方、鹿原鉄道は線路のメンテナンスに定評があるものの、設備などの都合で最高速度をなかなか引き上げられません。車両の置き換えも予定より進んでおらず、厳しい懐事情が伺えます。

 

本岩舟から先の区間は、途中の野丸、岩井田、そして富岡の各都市間を結ぶ移動需要が主になります。電車は輸送量に合わせて4両が基本とされ、一部列車ではワンマン運転が行われています。

線路に関してはメンテナンスの頻度が長いため、最高速度は特急120km、その他100km/hに抑えられています。120km/h出せそうな直線区間でも、メンテナンスのことを考え早めに加速を止めてしまうのが残念です。

 

富岡から先の区間はさらに利用客が減ります。富岡にある自動車メーカーの工場などに向かう通勤需要もありますが、それよりも通学需要の方が多いという話です。年々少子化で通学需要は減少しており、沿線にあるいくつかの学校も廃校の危機となっています。

ただ幸いなことに、この区間は地方の末端路線ではありません。海外にも知られる観光地である鹿原へと向かうメインルートなのです。ですから、近年の外国人旅行客増加により、路線そのものの収益率は増加しているという噂があります。

※鹿原鉄道本線の営業系数は、業平~本岩舟間と本岩舟~鹿原口間で分けて計算されているそうです。

 

新豊前を過ぎると、NTR鹿原線が近くを走るようになります。NTRの方が鹿原の奥の方まで走りますが、ルートが遠回りなため永京までの所要時間は鹿原鉄道の方が短いです。

 

2005年からはNTRの蓮庭を起点として、駒繁から鹿原鉄道経由の鹿原口行きとなる特急も運行されています。業平起点の特急も引き続き運行されており、利用客は都合の良い始発駅を選べるようになりました。


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2018年05月29日

当ページ公開開始日 2018年05月29日