空港郷得ライン

永京都港区高品駅から、永京空港などを経由し津喜県北萩市の北萩駅へ向かう路線。

◆空港郷得ラインとは??

 永京都の高品駅から、1994年に完成した永京湾横断トンネルを経由し、津喜県の北萩駅までを結ぶ鉄道路線の愛称である。正式名称は「永京湾快速鉄道線」だ。

 運営は2017年現在NTR今北(今北旅客鉄道)により行われている。2018年3月10日から、両得電鉄の列車が乗り入れを開始した。上下分離方式となっており、線路や設備のメンテナンスは「永京湾快速鉄道」が担当している。

 

◆各駅と信号所の紹介

高品駅

 NTR各線・高速線と私鉄線が乗り入れるターミナル駅。今後路線の改良や新線の乗り入れなどにより発展が見込まれる駅だ。

 空港郷得ラインの駅は東口の地下にあり、2面3線構造となっている。1番線が特急専用ホーム、2番線と3番線が各駅停車・快速のホームだ。なお、2019年からの両得電鉄直通乗り入れでは、特急も快速と同じホームに停車するようになるという。

高品シーサイド駅

 衣宮津喜ラインとの接続駅で、地下にある2面2線の駅。各駅停車のみが停車し、快速と特急は通過する。利用客の多くは乗り換えが目的で当駅に降りるが、駅周辺の開発も進んでおり、乗車客数は増加中。

城南信号所

 2018年3月に開業する予定の「国際線支線」が分岐する信号所。駅の設置計画もあったが、永京モノレールの駅が近くにあるため、信号所としての整備となった。

永京空港(国内線ターミナル)

 永京空港国内線ターミナルの地下にある駅。2面4線の駅であり、中央の2線が折り返し専用の線路である。特急・快速の一部と、各駅停車は当駅で折り返す。

北萩アイランド

 北萩市にある人口島「北萩アイランド」に設けられた駅。高速道路のサービスエリアの地下にある。駅ではあるが、出入口はサービスエリア内にしかない。そのため、サービスエリア利用者と高速バスからの乗り継ぎ客だけが利用する駅だ。

西巌野

 地元からの要望で設置された駅。2004年に開業した。周辺はのどかだが、近年アウトレットや遊園地がオープンしたり、マンションが建設されたりと開発が進んでいる。

北萩

 北萩市の中心部にある駅。空港郷得ラインは西側の専用ホームをメインで使用しているが、内郷線直通列車は内郷線ホームをメインに使用する。ごくわずかだが中郷線ホームから発着の列車も存在。



※このページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2017年05月26日

当ページ公開開始日 2017年09月17日