京香電鉄のデータ

車両

1500系 1980年デビュー

1600系 1989年デビュー

1700系 2002年デビュー

データ


路線について

・永京都内に近い区間は並行する路線が多く、他の私鉄に比べると利用客が少なめ。多くの乗客が船瀬で乗り換える。

・船瀬~鳴田間は利用客が多い区間。特に津古線との乗換駅である桂台は、途中駅の中で最も混雑する。

・椿菜~尾城~矢尾間は、かつて軍事目的で使われていた演習線を旅客化した路線。開業当初は利用客が少なかったが、現在は外環鉄道としてその役割を果たしており、利用客は多め。

・永京都市圏の路線としては珍しく、線路の幅が標準軌である。他に標準軌を採用しているのは、地下鉄深芝線と永浜急行だけである。

・線路幅が広く安定して走行できるため、強風などの自然災害に強い傾向がある。定時運行率がNTRや両得電鉄に比べて高い。


※このページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2018年05月30日

当ページ公開開始日 2017年09月17日