京香電鉄 車両解説


1300形

1966年登場、2013年引退

京香電鉄は1960年から地下鉄直通乗り入れを行っているが、その地下鉄直通に対応した車両のことを「青電」と呼んでいた。青電という愛称は公式的にだけでなく沿線住民や鉄道好きにも浸透していたが、その青電グループの車両として登場したのが1300形である。

1300形は基本構造をそれまでの青電と共にしているが、ドアを両開きタイプにすることで開閉時間を短縮した。また、それまで編成によって採用されたりされなかったりしていた空気ばね台車を標準装備。乗り心地を向上させている。

制御方式は抵抗制御。それまでの青電と同じ機器を採用しており、他の青電と連結することも可能である(ただし、脱線リスクを避けるため金属ばね台車を採用している車両との連結は避けられた)。

また、1つのコントローラーで6つのモーターを制御する方式を採用。2両単位での細かい編成調節が可能となり、4両、6両、8両、10両(実際に運行されたことはない)に対応している。この方式は後に登場する1400形にも受け継がれた。

1976年まで導入され、長年主力車両として活躍してきた。しかし1600形や1700形といったより高性能な新型車両に置き換えられ、2013年に引退。晩年は新京香専の予備車両として車庫に留置されることが多かった。

1400形

1977年に登場した車両1300形に引き続き「青電」グループの車両だ。前面のライトが1300形と異なるところにあるという見た目の変化もあったが、それよりも技術的な変化が大きい。

1400形の導入目的は「新京香線のスピードアップ」である。特に来戸急行電鉄(当時)と競合関係にある尾城~業平間は、来戸急行電鉄が地下鉄乗り入れを開始したことにより乗客数が減少。また、設備改良を進めていたが細かいカーブが多い線形まではなかなか改良できなかった。

1400形は界磁チョッパ制御と定速制御を導入。特に定速制御は優等列車でそのその本領を発揮した。その一方、ワンハンドルマスコンも新たに採用したが、このワンハンドルマスコン採用車の地下鉄乗り入れがなかなか認められず、肝心の地下鉄直通運用に入れられないという悩みもあったようだ(1979年から地下鉄直通解禁)。

導入目的が「新京香線のスピードアップ」であることから、新京香線に集中導入された。その後、新型車両導入や両得電鉄古林線の増発などの影響を受けた減便などにより、京香本線に一部車両が転属。現在は京香電鉄全線で運用されているが、老朽化により数を減らしている。

1500形

1982年に登場した車両。走行危機は1400形と同じものを採用しているが、車体をステンレス製にして軽量化した。

京香本線のみに導入され、新京香線で運用されたことはほとんどない。

2006年から一部車両の制御装置がVVVFインバータ制御に更新されたが、更新されていない車両については廃車が進んでいる。

1600形

1991年に登場した車両。普通から快速特急まで幅広い運用に対応した汎用者で、2002年までに導入されていた。

軽量化された車体と高性能な走行機器を組み合わせることにより、俊敏な走りをする。また、VVVFインバータ制御を採用したことにより、加減速が滑らかなものとなっている。

京香本線、新京香線どちらにも導入され、数年前まで地下鉄直通運用の主力だった。

1700形

2003年に登場した車両。1600形同様、幅広い運用に対応している。

2009年頃までは6両編成を中心に導入されており、普通運用で活躍していた青電を置き換えていた。2010年以降は8両編成が本格的に導入され、車内設備を変更しつつ2018年度も導入されている。しかし、1700形の導入は2018年度で終了し、2020年度からは新型通勤電車の導入に移行するようだ。


※当ページの内容はフィクションです

当ページ最終更新日 2018年12月09日

当ページ公開開始日 2018年11月11日