永尾電鉄の路線


永尾電鉄本線

蓮庭~永尾立王子

起点の蓮庭駅は、世界有数の利用客を誇る駅。各方面から路線が乗り入れる中、永尾電鉄の駅は西側にあります。地上と地下にホームがありますが、地下ホームは地下鉄蓮庭線に乗り入れる列車専用のホーム。地上ホームと異なり管理は永京メトロが行っており、駅のサイン類は永京メトロ仕様になっているのが特徴です。

 

蓮庭をでてしばらくすると地上に出ます。街道沿いに敷設された永尾電鉄は、線路が直線的なNTR信濃本線に比べると所要時間で不利です。そこで、最高速度を110km/hにしており、随所に待避線を設けることで所要時間の短縮を図っています。また、永京都心部への運賃は永尾電鉄の方が安いことから、永尾電鉄を好んで利用する乗客もいるようです。

 

ところで永尾電鉄には、複々線区間が一切存在しません。これは永京都市圏の大手鉄道では唯一のことですが、その分待避線がある駅が多くなっています。とはいえ、やはり複々線区間が無いというのは、輸送上の大きなネックです。ラッシュ時は列車の運行速度が遅くなり、先頭車両からは先を走る列車の後ろがはっきり確認できる状態に。もちろん、安全性は考慮されており、2009年にはデジタルATCを導入して安全性を高めています。

 

複々線区間が存在しない理由は、永尾電鉄が列車の長編成化(6・7→10両)や駅の橋上改札化を優先して行っていたから。複々線化の計画もありましたが、予算の都合や用地買収の困難さ(都心部区間は地価が高い)などにより行われませんでした。近年、複々線化のための補助制度が整備されたのにも関わらずいまだに複々線化に着工しないこともあり、「永尾電鉄は節約しすぎ」との意見が多いようです。

 

永尾電鉄の面目を保つために言わせていただくと、複々線化を行わない一方、車両の内装リニューアルや駅舎、トイレの改修工事を積極的に行っています。特にトイレの改修工事は好評で、永京都市圏の鉄道で最もトイレが綺麗な路線と言われています。

 

内装リニューアルでは、照明のLED化や大型袖仕切りの設置により、明るく安全性が高い電車にしています。2010年以降はLCDの追加設置を行っており、デジタルサイネージによる広告が目を楽しませます。広告の掲載基準は厳しい部類に入り、消費者金融などの広告は流れません。主に流れる広告は食品(健康食品から韓国の激辛のラーメンまで)やファッション系が多いようです。自社の広告(トイレのリニューアルを進めています)なども流れます。

 

家村に着くと、大きな車両基地があります。「家村車両基地」という名前の基地で、10両編成の電車を何編成も入庫できる広さを誇ります。あまりにも広いことから、車庫内の移動には自転車も使われるようです。この車庫のわきには単線の線路がありますが、これは信濃本線藤芽駅方面に向かう藤芽線の線路。単線ではあるものの、日中10分間隔で運行。列車も本線と同じ10両編成で運行されます。ただ、さすがに10両編成は輸送力過剰なようで、日中には車両により人が乗っていないことがあります。

 

東海道高速電車との乗換駅、星久喜を過ぎると、愛津線が分岐する館山駅に到着します。もともと主要駅ではありませんでしたが、薬師ニュータウンへ向かう愛津線が開通するときに大規模改良され、主要駅として扱われるようになりました。

かつては地上に駅があり、平面交差で知られていた駅ですが、現在は地下に移設。二重構造にすることで、平面交差を解消しました。列車の遅延が減った一方、「地下までいかないといけないから、ちょっとめんどくさい」との声も。

 

館山を過ぎると郊外の雰囲気が強い区間になります。終点の立王子駅はNTRの立王子駅から離れていますが、アーケード商店街により両駅は結ばれています。

永尾電鉄愛津線

館山~愛津

本線の館山駅から分岐する愛津線は、1971年から1985年にかけて延伸を繰り返した路線です。沿線にある薬師ニュータウンへのアクセスを目的に建設されました。また、終点の愛津エリアは自然が多く、「愛津フォレストパーク」などもあることから、行楽目的での利用もあるようです。

 

開通当初は薬師ニュータウンへの入居があまり進んでいなかったことから、路線の状況は決して良いとは言えませんでした。その後、入居の進行や延伸により利用客は増加。現在は永尾電鉄を支える路線の一つに成長しています。

車両



※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2019年04月24日

当ページ公開開始日 2018年07月16日