永急羽沢線

永急羽沢線はどんな路線??

倉橋先生が解説します。

 永急羽沢線は民谷から良江。池田、春日、寺浜、田部、方蔵を経由して羽沢に向かう路線です。民谷~寺浜間の都市間輸送と、寺浜以西と寺浜、民谷間の近郊輸送の両方を担う路線です。

 民谷~良江間は複々線区間。良江~富沢間を走る富沢線が合流するため、方向別複々線となっています。地下鉄民谷線経由で両得線へ乗り入れるのは富沢線。羽沢線は地下鉄西都心線へ乗り入れて雪松急行線へ乗り入れます。

 良江から先は複線区間。直山~池田付近は路線密集地帯で、直山では水沢線が分岐。池田では真先線が合流し、春日まで方向別複々線となります。ちなみに池田エリアはかつて工場が多いことで知られていましたが、工場跡地の再開発によりタワーマンションが多数建っている街になりました。永京方面だけでなく、中原・寺浜方面へのアクセスも良い人気のエリアです。

 春日は寺浜地下鉄2号線の始発駅。方向別複々線を通る真先線の終着駅で、ラッシュ時になると座席争いが繰り広げられます。ちなみに、羽沢線は池田~春日間のすべての駅を通過。寺浜からの乗客と春日~池田間からの乗客を分離しています。

 春日からは住宅地の中をひたすら走ります。この区間は起伏に富んでおり、比較的急な坂もあります。永急電鉄の電車は地下鉄線内での加速度と自社線内の高速性能を両立した電車であるため、急な坂もすいすい走っていきます。

 寺浜は寺浜県の県庁所在地である政令指定都市。古くから港町として知られており、利用客も多い駅です。永浜急行からの乗り換え客もおり、終日混雑しています。

 寺浜からは郊外区間。住宅地の中を走っていきますが、郊外とはいえマンションも多く、寺浜市の人口の多さと人気の高さがうかがえます。

 田部は萱田線が分岐する2面4線の駅。車庫があるため、始発列車が多いのが特徴です。折り返し列車も多く、車庫では永急電鉄の車両に加えて地下鉄民谷線、両得電鉄の車両も見ることができます。

 田部から方蔵までの区間は団地が多く、もともと森だったエリアをニュータウンとして開発した場所もあります。1990年代に比べ近年は利用客数が減少しており、沿線の団地では若者を呼び込もうと建て替えなどが積極的に行われています。

 方蔵は東海道高速電車耕旗線との接続駅ですが、乗り換え客はあまりいないようです。この駅から都心へのアクセスは永急電鉄だけでなく、東海道高速電車もあります。東海道高速電車は永急電鉄に対抗するため、急行などを走らせて駅で所要時間をアピール。永急電鉄も本数の多さや運賃の安さをアピールして対抗しています。

 方蔵から先は畑が多くなっていきますが、駅周辺は開発が進んでいます。この光景は羽沢近くまで続きます。

 終点の羽沢は正月の駅伝でおなじみの場所。この羽沢から永京都心部までのルートは永急電鉄だけでなく、NTR線や永浜急行線という選択肢もあります。NTR線は本数で対抗。永浜急行線は2ドアクロスシート車両で対抗していますが、永急電鉄は快速急行を走らせて対抗しています。この快速急行は両得電鉄線にも直通しますが、両得電鉄線内では各駅停車になってしまうのが残念なところです。

※2018年3月10日ダイヤ改正により、羽沢線内から両得電鉄線に直通する列車は廃止されました。

活躍する電車

永急電鉄の車両と地下鉄民谷線の車両


両得電鉄所属の車両



両得電鉄の車両詳細は「車両」をご覧ください。

・主力は10系0番台。そのほかの車両も運用されるが、2階建て車を組み込んだ編成は乗り入れない。全編成10両。


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2018年07月29日

当ページ公開開始日 2018年02月12日