雪松急行 所山線

地図

路線データ

・管轄:雪松急行電鉄(第一種鉄道事業者)

・区間:蓮庭~横瀬間

・軌間:1,067mm

・複々線区間:蓮庭~長沼間

・複線区間:長沼~入能間

・単線区間:入能~横瀬間

・電化区間:全線(直流1500V)

・保安装置:RD-ATC(蓮庭~入能) 雪松式ATS(入能~横瀬)

・最高速度:115km/h

・運転指令所:都心部総合指令室


概要

 雪松急行の主要路線である。

 地下鉄広鐘線との相互直通乗り入れを行っており、津喜県内や富街空港へのアクセス性も良い。一方で、蓮庭~長沼間の複々線化が完成するまでは混雑がひどく、列車の10両編成化が進められた。


沿線風景

蓮庭~長沼

 起点の蓮沼は高架駅と地下駅に分かれている。高架駅は2面4線で特急や急行などの優等列車が主に発着する。

 発車してしばらくすると、高架線と広鐘線に連絡する地下線が合流。ここから長沼までは方向別複々線区間である。急行列車の前面で眺めていると、雪松急行の車両だけでなく、永京地下鉄、両得電鉄の車両が走っていることがわかる。運行本数も多く、眺めていて飽きない区間だろう。

 複々線区間は本数が多い。これは所山線だけでなく、瑞穂線の列車も乗り入れているからだ。日中の場合、各駅停車は7分30秒間隔(毎時8本)で標準的な運行本数だが、快急・急行・快速は合計で毎時16本も運行されている。急行は所山線へ、快速は瑞穂線へと向かう。

 列車は長沼手前で減速する。外側が瑞穂線、内側が所山線の線路となり、時速60km/hで通過可能なポイントを通ると長沼駅だ。長沼駅はホームが広く設計されており、所山線と瑞穂線を乗り継ぐ人で混雑しても問題ないようになっている。かつてはホームが狭く、乗り換え客などで常に混雑していて危険だった。

長沼~横瀬

 長沼を出ると複線区間である。運行本数は引き続き多く、待避線がある駅のほとんどで各駅停車が通過待ちをしている。

 NTR宮野木線との乗換駅である尺居を過ぎると、マンションの数が減る。南側から線路が合流してくると、尺居の次の主要駅、宮本だ。この宮本駅は瑞穂線目黒方面へ向かう路線が合流する駅で、小規模な留置線もある。2面4線に目黒方面用の2面2線の合計4面6線。駅舎の改良工事は行われたが、ホームの拡張は用地の問題で行われていない。そのため、ホームが狭くラッシュ時は注意しなければならない。

 急行の場合、宮本の次に停車する駅は品川だ。品川は寄日線が分岐する駅で、各駅停車はたいてい寄日線に直通する。この先は急行が各駅停車の役割を果たす。ちなみに、寄日線は「よっぴせん」という。あまりにも難読であるため、「よっぴ線」や「よっぴ行き」とひらがなで表記されることがほとんどである。

 品川から先は急行が7分30秒間隔で運行される区間。これに加えて快急が30分間隔で運行されている。その快急も、所山を過ぎると各駅停車での運行だ。

 所山は車両基地がある駅。この駅から北へ少し離れたところにある所山総合車両所は、所山線だけでなく永上本線の車両もメンテナンスする工場である。小規模な整備だけでなく、大規模な整備や改造も行うことが可能。当駅始発の列車も多く、人気があるエリアだ。

 所山から先は緑や畑が増えていく。それでも十分永京都心部への通勤圏内であり、利用客は多い。この区間は快急と急行を合わせて7分30秒間隔での運行となっている。

 入能はかつての終点。NTR線との乗換駅でもある。日中の場合、急行はこの入能で折り返す。一方、快急はこの先横瀬まで走っていく。入能~横瀬間は利用客が少なく、10両編成では明らかに輸送力過剰であることから、8両編成が多かった。しかし、8両編成の廃止に伴い、現在は10両編成での運行となった。

 入能~横瀬間は1960年代に完成した区間。一気に山岳区間となり、トンネルが多い区間となる。高規格で建設されているため、結構速いスピードで走っていく。

 終点の横瀬はNTR長野原線との乗換駅。古くから賑わっている街であり、所山線はこの横瀬と永京を結ぶ最も早い交通手段としてすっかり認知された。年々利用客数が減少していたことから、近年は横瀬地区の宣伝予算が増やされている。

活躍する電車

雪松急行の車両

永京地下鉄広鐘線から乗り入れる電車

・30系500番台と10系100番台2階建て組み込み編成(窓下の帯が白のみ)は2018年2月25日運行開始。2階建て車は2018年3月9日まで普通自由席車扱いで、3月10日からは定員制自由席車扱い。


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2018年08月05日

当ページ公開開始日 2018年02月11日