鳩坂快速鉄道

Hatosaka Rapid Railway

鳩坂快速鉄道は、見沼県南東部の利便性を高めるために計画された鉄道です。この鉄道が開業する以前は、バスを使ったり、永京外環電鉄を利用したりしなければなりませんでした。1999年にこの鉄道が開業すると、都心へ乗り換えなしでアクセスが可能になり、利便性が大きく向上しています。

一方、用地買収が進まなかったり、トンネルの手抜き工事などの影響により建設費がかさんだため、日本有数の赤字路線となっています。需要予測よりも乗客が少ないことも、赤字額を増やす原因となってしまいました。

開業当初の運行本数を長い間維持してきた鳩坂快速鉄道も、近年は赤字を理由に減便されてしまいました。列車の長さを調節するにしても、乗り入れ先の永京メトロなどに合わせなければならない関係でできません。今日もガラガラの10両編成が見沼県の地を走ります。

 

鳩坂快速鉄道の失敗は、後の鉄道計画に大きな影響を与えています。鳩坂快速鉄道が失敗した理由は様々ありますが、その一つとして「並行する鉄道が存在している」という理由があります。鳩坂快速鉄道の東側には、私鉄では長い部類に入る複々線を有する鹿原鉄道が走っています。また、東西に走る鉄道として永京外環電鉄、NTR宮野木線が存在し、高い運賃を嫌い各路線の駅でわざわざ乗り換える客も多いです。

そこで、国や各都道府県は新規鉄道路線構想を見直し、既存のインフラを改良することにより対応できると判断した場合、計画の中止や規模の縮小を行うことにしました。また、鳩坂快速鉄道よりも先に開通し、成功を収めた遠山原新線のように国や県の道路に関する財源で線路を敷設できるようにしました。

この改善策により、2003年以降全国の各都市圏などで線路の複々線化、新規路線計画の具体化が進み、鳩坂快速鉄道のように大きな赤字となっている新規路線は少なくなりました。

 

赤字で減便も行われた鳩坂快速鉄道ですが、従来鉄道が通っていなかったエリアに鉄道が通ったインパクトは大きなものでした。各駅前にはマンションが建設され、沿線自治体の人口も増えています。利用客自体は増加傾向にあり、徹底したコスト削減により営業系数は大手鉄道以上に良好です。しかし、借金返済のための赤字が大きな負担となっています。

 

車両は永京メトロや東海道高速電車の車両に加え、自社所有の1000系が活躍しています。1000系はアルミ製の車体を採用した10両編成の電車。技術面では当時最新の機器だったIGBT素子VVVFインバータ制御装置や、高性能車両モニタ装置を搭載しています。性能面での不満はありませんが、そろそろVVVFインバータの更新を考えなければいけない時期であり、赤字の鳩坂快速鉄道がどう対応していくかが気になる所です。

車両


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2018年06月24日

当ページ公開開始日 2018年06月24日