遠山原県エリア


遠山原県内都市解説

 遠山原市

・福岡市に若干近い雰囲気であるが、永京都市圏に割と近いこともあり、文化的な個性は福岡ほどない。

・人口も福岡市に近い。ただし、遠山原都市圏は福岡都市圏よりも人口が多少多い関係で、福岡より高いビルが多いらしい。

 

青崎

・木更津に近い雰囲気だが、人口が多く60万人程度いる。

・重工業で栄えた街で、特に1960年代頃の活気はすごかった。

・工場の規模縮小などの影響を受けており、人口は減少傾向にある。とはいえ遠山原都市圏のベッドタウンとして栄えている。

・市内には路面電車が走っている。一時期廃線やモノレール化が考えられたが、路線延伸で利便性を高め、利用客を増やした。

 

朝湊

・街道沿いの街であり、昔から栄えていた。人口もそれなりに多い。

・遠青線はここから遠山原までNTR線と競合するが、NTRの方が所要時間が短い。遠青線は所要時間では劣るが、沿線人口ではNTRに勝る。

 

豊矢

・遠山原都市圏の範囲内であり、人口は多い。近年は道路の改良が進み、連接バスが走るようになった。

・遠山原都市圏に通勤する人の中には、「永京に近いから」という理由でここに住む人もいるらしい。とはいえ、豊矢から永京までは距離があり、ふらっと出かけられる距離ではない。


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2018年05月21日

当ページ公開開始日 2018年05月20日