両武本線沿線都市

津喜市内の公園のイメージ

船瀬市郊外の団地付近のイメージ


市屋(いちや)市

北部から東部は豊かな自然が残っており、下町の富豪が別荘を構えていることで知られていた。その別荘は高級住宅地へと姿を変えており、多くの作家や有名人がここで育った。

一方、道が狭い箇所が多く、朝になると渋滞に悩まされる。バスも「バスにご注意ください」という音声を頻繁に流しながら走っている。

鉄道はNTR両武本線と京香電鉄が中心部を走り、北部は両得来戸本線、南部は両得本線や両得浦原線が通っている。そして、南北を貫くように両得浦椿線が走り、さらに東部にはNTR宮野木線が走る。

南部は地盤が悪く、かつては住宅が少なかった。しかし現在は建築技術の向上により、地震にも十分に耐えるマンションが多数建設されている。

 

船瀬(ふなせ)市

津喜県で2番目に人口が多く、津喜市の次に政令指定都市となった市。永京都心と津喜市の中間地点にあり、双方の都市圏のベッドタウンとして栄えている。1996年には隣接する矢尾市を合併した。

市内の鉄道はNTR線と両得電鉄、京香電鉄が通っている。特にNTR線と両得電鉄線は、永京都心部まで続く複々線区間を有しており、ラッシュ時にはその設備をフル活用した運行が行われる。京香電鉄も地域輸送を担っており、NTRよりもきめ細かい輸送を行う。

市内の主な駅

船瀬 西船瀬 東兵庫 幕沼 矢尾

 

津喜(つき)市

こちらをクリック

 

街道宿(かいどうじゅく)市

 街道宿市は津喜市の隣に位置する小さな市である。面積こそ小さいが、津喜都心に近いことから人口は多い。2006年頃に津喜市との合併を問う投票が行われたが、合併否定票が多かったため合併は行われなかった。

 市内の全域が住宅地であるが、市の中心である街道宿駅付近は津喜市の副都心として栄えている。街道宿駅は1999年に新しい駅舎となり、西口と東口の両方に駅ビルが建設された。

 昔から高校などの教育機関が多い「文教都市」として知られている。最近は市内の高校生と共同でプロモーション活動が行われており、若者向けのスタンプラリーやミニドラマなどが話題となった。データでアピールする津喜市と異なり、街道宿市は住むことにより得られるストーリーをアピールしている。

市内の主な駅

街道宿 千代田


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2018年05月06日

当ページ公開開始日 2018年05月06日