常盤(ときわ)本線沿線都市


椿菜(つばきな)市

古くから来戸街道の宿場町として栄えていた街。かつては仁戸・永京の近郊農村地域だったが、高度成長期に永京のベッドタウンとして発展した。

鉄道はNTR常盤(ときわ)本線、両得電鉄、京香電鉄、永京外環電鉄が通っている。このうち、永京方面へ向かうのはNTR常盤本線と両得来戸本線、京香電鉄である。

 

観林(みりん)市

古くからみりんの生産で知られている。かつては水運で栄えていたが、現在はベッドタウンとして開発されている。

ところどころに緑が残っていることでも知られており、緑の多さが自慢である。

 

樫葉(かしは)市

街道の宿場町として栄えていたわけでもなく、かつてはのどかな村だった。しかし、鉄道の開業により交通の要衝として栄え始め、現在はベッドタウンとして賑わっている。駅前には二つの百貨店があり、しのぎを削っている。

鉄道はNTR常盤本線、両得電鉄各線と常丸鉄道が通る。常丸鉄道は中心部から離れたところを通っており、観林市に近いエリアや北部の住民が主に使うようだ。一方、中心部や南部の住民はNTRや両得電鉄をメインに使う。


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2018年05月06日

当ページ公開開始日 2018年05月06日