勝亀鉄道の路線

勝亀鉄道本線

勝鉄奉旗~葉答

奉旗市は人口100万人の都市ですが、NTRの奉旗駅西口前にあるのが勝亀鉄道(勝鉄)の「勝鉄奉旗駅」です。少し歩けばNTRの奉旗駅であり、地元住民も多くが「奉旗駅」と呼んでいます。しかし、正式な駅名が異なることから、検索サイトで「奉旗」と検索しても勝鉄の奉旗駅が出てこないことがあり不便です。

列車はこの勝鉄奉旗から友評まで7分30秒間隔、友評から葉答までは15分間隔で運行されています。友評までの7分30秒間隔は中途半端に思えますが、単純に15分間隔の2倍列車が走っていると考えればわかりやすいでしょう。永京圏でも両得電鉄の一部列車が7分30秒間隔で運行されています。

友評までの区間は線路沿いに家が密集する区間。本数も永京圏並みの本数なので、利用客も多いです。この区間のみ走る普通は2両編成がメイン。4両編成も使用されますが少数派です。ロングシートでトイレがない9000系初期型ばかりが走る模様。

友評からは畑や森が増えていきますが、それでも15分間隔で運行されており利便性が高い区間。駅周辺は住宅が密集しており、高校が多い駅もあります。葉答まではこの光景が続きます。

葉答は周辺に高校が多い駅。奉鴨鉄道安生線も合流する駅で駅自体は3面6線です。両得八田山~神豊急行時野間を走る長距離急行は、この駅から船宿方面へと乗り入れます。

 

葉答~真越

葉答駅からは日中の場合普通30分間隔、長距離急行約1時間間隔での運行です。今までの区間よりも圧倒的に緑が多い車窓となり、車内も空席ばかりが目立つようになります。しばらく上り坂を上ると、NTR線との乗換駅である狼煙駅に到着します。この狼煙駅周辺はかつてのろしを上げる人々の住みかだったようで、地名もまさに「狼煙」となっているわけです。

狼煙~茂沢間は利用客が増える区間。並行する鉄道路線がないことから、時には座席に座れないこともあります。奉旗~船宿方面の長距離普通は4両が多いですが、これは着席定員を増やすためだけでなく、この区間の混雑に対応するための処置でもあるのです。

茂沢はNTRの車庫に近いところにあります。駅からはNTRの車両が一望できますが、勝亀鉄道の茂沢駅は2面3線。車庫と駅舎に挟まれて少し窮屈です。ホームが狭いため、真ん中の線路を撤去してホームを拡張する計画もあります。

茂沢~真越間も緑が多い区間ですが、真越に近づくと住宅が多くなってきます。真越は100万人都市鴨浜の通勤圏内ではありますが、この真越より西から鴨浜へ通勤する人はあまりいない模様。この駅から鴨浜方面へ向かう鴨浜線が分岐します。

 

真越~船宿

真越~香坂間は、それまでの区間と同じく普通30分間隔、長距離急行約1時間間隔での運行です。車窓も森や畑ばかりであまり変化がありません。

丸仲駅に近づくと、電車は坂を下り丸仲盆地へと入ります。急カーブを曲がったら丸仲駅に到着です。駅は2面4線。橋上改札となっており近くには観光案内所があります。

しばらく田畑が多い区間を走ると、木尺駅です。木尺駅は2面4線の駅ですが駅舎は小さくいまだに構内改札が残っています。近くには菜の花が植えてあり、時期になると多くの撮り鉄が訪れます。

終点の船宿は神豊急行電鉄との接続駅。八田山発の長距離急行は、時野を目指してこの神豊急行を南へ走ります。


※当ページの内容はフィクションです

当ページ最終更新日 2018年1月27日

当ページ開設日 2018年1月27日