西方鉄道のデータ

車両

西方鉄道はブランドイメージを大切にするため、すべての車両を塗装しています。また、最新技術の採用に積極的であり、ハイブリッドSiCモジュール適用VVVFインバータやPMSM(永久磁石同期電動機)などの技術を採用しています。

外装は赤色。内装は木目調のデザイン。座席は緑色で、このデザインは昔から変わっていません。伝統を重んじる一方、車両の前面デザインは新しいデザインを割と積極的に採用するなど、時代に合わせて進化している部分もあります。

路線

西方鉄道には、「本線系統」と「殿台線系統」という二つの大きな路線区分があります。

本線系統は池宿と山納宮方面、七房線を指す名称。利用客も殿台線系統に比べて多く、終日多くの人々が利用します。

殿台線系統は殿台線と奉荘線を指す名称。こちらも本線並みに利用客が多く、特に神場中心部と仙蓮の間の移動では欠かせない存在となっています。



※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2018年04月30日

当ページ公開開始日 2018年04月30日