奉鴨急行の路線

ダイヤ


耕風線

耕風線は桝淡(ますあわ)から奉旗(ほうはた)までを結ぶ路線である。仙豊県と鳥豊地方の間にある「耕風(こうふう)島」を走る路線であり、島内の重要な交通機関の一つだ。

起点の桝淡駅は、海底トンネルである仙耕(せんこう)トンネルの耕島側入口。古くから交通の要衝として栄えてきた港町であり、かつてはお城があった。

虎尾は持木線が分岐する内陸の町。車庫があり奉鴨急行の電車のメンテナンスや改造を行っている。

喜木は南側の港町。高校が多い。

内瀬はそれほど利用客が多いわけではないが、ここから文瀬まではNTR線が並行していないため、奉鴨急行が唯一の鉄道移動手段となる。

文瀬は人口30万人の港町。ここから海の向こうにある奉旗までの移動需要は多く、電車は文瀬奉旗トンネルを経由して奉旗へ向かう。このトンネルが開通する前の耕風線は、奉鴨急行のメイン路線である鴨浜線とは線路がつながっていない「孤島路線」だった。しかし、文瀬奉旗トンネルにより線路が結ばれ、今では直通列車が運行されるようになった。

奉鴨線

奉旗から鴨浜までを結ぶ路線である。港町と港町を結ぶ路線ではあるが、その距離は長く、途中には山岳区間が存在するという変化が大きい路線だ。奉旗や鴨浜に近い区間を除いて利用客が多いとは言えないが、人口約100万人の奉旗市や、人口80万人の鴨浜市に近い区間の通勤通学需要に支えられ、路線をなんとか維持できている。

途中の主要駅は、山の中にある会章(あいしょう)、弥川(やかわ)、通宿(とおりやど)などである。奉旗~会章、通宿~鴨浜間は利用客が比較的多い。


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2019年01月12日

当ページ公開開始日 2019年01月12日