NTR鳥豊の一般型電車

NTR鳥豊では、従来の近郊型と通勤型の概念を組み合わせた「一般型」と呼ばれる電車を1991年から導入している。

一般型として初めて登場したT1530系は、走行機器などシステムは通勤型の1524系に準じているが、車体を拡幅車体としてセミクロスシートも一部に採用した。

1993年に登場したT1532系は、制御装置にVVVFインバータ制御を採用。通勤型の加速性能と近郊型の高速性能を両立した電車である。

T1534系は1999年(3月)登場。新技術を採用しT1532系よりもメンテナンスしやすい電車となっている。この改良型のT1536系は2007年に登場している。

2020年には新型車両のT1538系が登場予定。



※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2019年01月13日

当ページ公開開始日 2019年01月13日