NTR鳥豊の一般型電車

 一般型として初めて登場したT1350系は、GTO-VVVFインバータ制御を採用し、従来の車両よりも性能が向上した。また、二階建て車両を8両編成中に1両連結。これ以降の車両(一部除く)に受け継がれていく。

 1996年に登場したT1352系は、IGBT-VVVFインバータ制御を採用。側面のビートを減らし、見た目がすっきりした。

 2001年に登場したT1354系は、新しい車両情報管理システムを採用し、従来よりも効率的な運用が可能となった。優れた設計で使いやすいことから、2016年まで導入された。

 T1356系は2017年登場。SiC-VVVFを採用したり、デジタルサイネージを増設した。二階建て車両を除く一般車両は、今のところすべてロングシートとなっている。



※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2019年07月26日

当ページ公開開始日 2019年01月13日